登記と叡知

私の小学校のときの担任のインストラクターの話で心からインプレッションに残っているものがあります。それは、「運命で大切なのは把握よりも知恵」です。今回は、このことについて書いていきます。
把握を身に付けるということは心から重要なのです。授業やユニバーシティで練習したり、自分で当を買って読んだりして把握を習得することはいやに大切です。しかし、その把握を得ただけで満足してしまっては意味がありません。得た把握を実社会で役立てることが断然大切なのです。これができれば、窮地になったらわたくしや大事な人類を救うことができるかもしれません。知恵とは、このようなことを言うのだと思います。
ふっと今までのわたくしを振り返ってみると、把握を身に付けることばかりに重点を置いていたような気がします。インストラクターの話を思い出した近頃、これまでのわたくしを見直し、知恵をつけるようにしようと思います。知恵とは把握を実践し、実社会に役立てる役割。わたくしや大切な人を助けるためにも、ぐっと成長していきたいと思います。事故車の査定額が下がってくるのは仕方がない